Amazon輸出ビジネスを始めるために参考になる無料メールセミナー

1日10分で月10万円を稼ぐ! Amazon輸出ビジネスがわかる本

新品価格
¥1,419から
(2017/10/20 13:58時点)

発売日:2013年11月22日
出版後 約4年が経ちました。

日本の普通の企業の場合4年は私たちが考える4年で感覚的違いは無いです。
しかし成長速度とスピードの早いアマゾンの場合3倍の12年あるいは4倍の16年くらいの時間が経過した感じです。

そして、これからAmazon輸出を始める初心者向けに詳しい登録方法などを記載したこのアマゾン輸出入門。
登録に必要な条件も、画面変遷も、取組むべき商品も全て変化しました。

初心者が、この書籍を元にアマゾン輸出に取組んで登録が完了するか疑問です。

 

インターネットと英語に苦手意識が無ければAmazon.comの口座に登録して出品するまでは、無料情報やアマゾンのマニュアルで十分可能です。

しかし、どんな商品を扱うとどんなリスクがあるか

アマゾンへの正しい質問方法

購入者からの質問への正しい対応は独力では難しいです。

 

何人もの会員、そして月間数千万円の販売をサポートしている転売アカデミーの情報を得ながら進めるほうがお勧めです。

 

アマゾン相手に間違えた対応をするとアカウント削除です。

アカウント削除されると転売アカデミーのサポートを受けるよりも高いコストが掛かります。

 

まずは最新の情報を無料メールセミナーでご確認ください。

そして稼げると確認できたらサポートをお申込ください。

 

趣味力でがっちり儲ける個人輸入入門

新品価格
¥1,512から
(2017/10/20 13:56時点)

発売日:2010年09月03日

出版から7年以上経ったコチラの本はヤフオクやアマゾンの登録についての部分は役立ちません。
しかし、儲けるための商品を探す方法についてはわかり易く解説しています。

まもなく、アマゾンがオーストラリアで物販を開始します。日本に住んでいるあなたはオーストラリアアマゾン副業で、今の本業より稼ぐことができるチャンスがやって来ます。

 

「メールアドレス」と「お名前」を入力して「登録する」をクリックしてください。

メールセミナーは無料です。




メールアドレス: (必須)
お名前:

アマゾン輸出の魅力

アマゾン輸出は手軽なのに儲かる

アマゾンを使えば無料で世界中に販売できる。

一方飲食店を経営するのは大変

世界のやまちゃん手羽先


世界の山ちゃんを物価高のシドニーで売ると儲かるのではないだろうか?

しかし、駅の場所の予定店舗は5千万円以上かかる。

そして人を使うと時給16ドル以上かかる。

ちなみにココはステーキ屋さんの店舗が入ったのに1年持たずに撤退。

5000万円の損害

どんなに少なく見積もっても50,000,000円の損害。

じゃあ手軽に自動車で移動販売する。
それでも場所の権利金が7,000,000円
え~自動車を止める場所の権利が7,000,000円もするとはビックリ。

じゃあテント屋台を出してと思ったら1日300ドルで順番待ち。
フリーマーケットだと半日で170ドルで順番待ち。
さらにテント屋台は雨が降ったらオシャカです。

大金払って出店しても繁盛するかはわからない。
そして客が付くまでに半年かかる。
1年経って客が付かないと撤退。

投下資本と投下労力に対する利益が恐ろしく悪い。

アマゾンを使った物販がいかにローコストハイリターンか見にしみて痛感しました。

アマゾン輸出なら商品を載せるのは無料。
売れて儲かるなら再度商品を載せて販売する。
どんなに遅くとも3ヶ月で儲かるようになる。

たとえ仕入れたものが思った値段で売れなくても損害はおこずかい程度。

アマゾン輸出に取り組めたことに感謝です。

payoneer登録手続きの概要


payoneer登録手続きの概要

Payoneer登録は日本語で登録できるコチラから
※25ドルのキャッシュバック特典があります。

日本語ページが用意されているので安心

登録前に確認
免許証かパスポートが必要です。

登録手順
Payoneerへのオンライン登録
※登録時にデビットカードが必要か不要か選びます。
デビットカード不要ならペイオニアは年会費無料です。

Payoneerからのメールの確認

販売サイト情報とURLの登録

PayoneerへのID(パスポートまたは免許証)登録

AmazonにPayoneerの口座を登録する

米国アマゾンへの売上げの受け取り銀行口座を登録する

Payoneerデビットカードを有効化する

Payoneerの手数料・使用限度額

アマゾン輸出ビジネスがわかる本 P144-168